レディース夏コーデ2018!夏服のトレンドは女っぽいヴィンテージ

昨年のレディース夏ファッションでは「ボヘミアン」がトレンドでしたが、2017年の夏服では、少しオリエンタルな印象のヴィンテージファッションが盛り上がっています。

取り入れるだけで、今年っぽくなるレディース夏コーデをまとめました。

オリエンタルヴィンテージ

色がキャッチーなロング丈のワンピースやオールインワンに、軽やかなスカートを合わせると、トレンド感が一気にアップ。

ピンクのリネン素材のオールインワンに、白のラメチュールのギャザースカートをレイヤード。足もとは、オープントウのレースアップのブーツサンダルで、抜け感をプラスします。

他には柄と柄のアイテム同士を合わせ、異素材の組み合わせにして、足もとを女っぽいヒールにすると、オリエンタルな雰囲気が生まれます。

コルセット風、全身赤コーデ、レースのビスチェ

トレンドのスポーツテイストも、色を統一してアクセントカラーを効かせると、ヴィンテージ感が増します。

黒のオフショルダートップスに、黒のサイドラインパンツをはいて、白の襟ぐり広めなブラウスをコルセットのように巻き、レイヤード風にアレンジします。

全身を赤でまとめても、今っぽいヴィンテージ感がでます。コンパクトなカーディガンと、ギャザー入りのショートパンツは、朱色っぽいカラーで素材違いを選ぶのがおしゃれのポイント。

古着のようなTシャツに、花柄のロングフレアスカートを合わせて、レースのビスチェをレイヤードすると、旬なガーリースタイルが完成。

ビスチェはコルセットデザインにして、コーデの引き締め役にします。

大人カジュアルな夏コーデ

オフショルにブラトップを重ねて、ハイウエストのスキニーパンツの組み合わせは、アースカラーの同系色で統一感を出して、洗練された大人の夏コーデに仕上げます。

ウエッジソールのサボは、流行のシルバーで今っぽさをプラス。

カジュアルアイテムを使った夏コーデなら、リラックスパンツに、ボーダー柄ニットワンピースとヒールを合わせます。

モノトーンでまとめると、モード感も出て洗練された印象になります。パンプスはシルバーやカラータイプにすると、コンサバっぽくならず、ヘアアレンジや帽子を合わせて、抜け感を出します。

ガーリーファッション好きには

今季はレイヤードスタイルが、今っぽく見えるおしゃれポイント。

大胆なシースルーのレースワンピースの上に、ヴィンテージ感のある派手柄シャツをウエストマークで着て、カジュアルダウンさせます。

羽織りとして着る、オーバーサイズの小花柄シャツも、肩を落とし気味にして着ると女っぽさが増します。

甘めデザインのチュニックブラウスは、キレイめ素材のワイドパンツと合わせ、ガーリーだけどモードなコーデで、大人っぽくまとめます。

ピンクのシャーリングチュニックに、黒のハイウエストワイドパンツ、足元は同色系でまとめすぎずオリエンタルなカラーにすると、今っぽい雰囲気が出ます。

2018年のレディース水着も、どこかしらヴィンテージがトレンド

ドット柄 オフショルダートップス型 水着70年代っぽいドット柄やストライプ柄だったり、クラシカルなテイストの花柄やボタニカル柄だったり。

2018年は、レディース水着も、どこかしらヴィンテージっぽいデザインがトレンドになっています。

水着の場合は、毎年のように、人気のある柄から売り切れになっていくので、夏になる前のチェックが基本。

ただし、探してるタイプの水着が、実店舗にはなくても、通販だと見つかる場合があります。

最近は、品揃えも、豊富で、注文した当日のうちに送ってくれる「即日発送」に対応しているショップもあり、それらをまとめて紹介しているサイトもあります。

参考:水着の即日発送ができる通販まとめ!当日の配送で、早ければ翌日届く

ブランド水着だけじゃなく、プチプラの水着も充実しており、中には、送料も無料で送ってくれるショップもあります。

胸カバーをしながらも、小さい胸でも盛れるデザインでは、今年の夏は、フリルやリボンが付いてる水着が人気。

トレンドカラーでは、20代後半~30代の大人女子でも、抵抗なく着れるマスタードに注目が集まっています。